Sarued
1. Saruedとは
SaruedはWin32環境用のオリジナルのエディットコントロールである。Windows標準のエディットコントロールとリッチエディットコントロールの中間領域を対象としており、エディットコントロールよりも高機能で、かつリッチエディットコントロールよりも軽いことを目指している。

2. 主な機能

3. 開発計画
Saruedについては以下のように開発を行っていく予定である。
(1) Sarumoreの作成
表示のみを行うコントロールを作成する。メモリ管理等に関して、編集機能を意識した設計はなされるが、編集のためのユーザインタフェースは用意されない。
(2) Sarulessの作成
表示のみを行うという点ではsarumore同様であるが、キャレットよる範囲指定、およびクリップボードのサポート等の機能を追加する。複数ビューへの対応もこの時点で行う。 編集のためのユーザインタフェースを除き、それ以外の、表示機能等はこの段階で実装する。
(3) Saruedの作成
編集のためのユーザインタフェースを追加する。
なお現在は(1)の作業を行っている。

4. 内部動作
Inside Sarued(現在執筆中)を参照のこと。

5. その他
Saruedの開発動機にの1つとして、italkのログ閲覧用途に耐える既存のコントロールが無いということが挙げられる。italkログ閲覧には、一般に次の機能が必要であるとされる。
これらはmule+italk.elの影響であると考えられる。前者はUNICODEの利用により、対応が可能(フォントのサポートも必要)であるが、後者については、現在その対応方法について検討中である。

Copyright (C) 1998 Nobuyuki NISHIZAWA
nishi@gavo.t.u-tokyo.ac.jp